層雲峡
マウントビュー
ホテル

北海道の屋根とも言われる大雪山。マウントビューホテルは層雲峡温泉街の入口に位置する、癒しと寛ぎを併せ持つ山荘リゾートホテルです。

層雲峡の偉人達 2

2016年9月28日
宿泊プランを見る: 日本語 English

 

     

    永山岳(標高2,046m)は温泉街からロープウエイとペアリフトを利用して上がり、黒岳を越え、お鉢平から北西方向へと進んだ所にあります。山名は明治時代に北海道開拓使に出仕し北海道の開発と産業の発展に大きな業績を残した永山武四郎の名に因んだと言われています。今回は、山の名の由来となったこの偉人を紹介します。

    明治2年(1869) 、開拓使庁(東京)の開拓判官(松浦武四郎)が蝦夷地北海道と改称し、蝦夷の地にも国や郡をしくこととなりました。それにより、現在の旭川一帯は「石狩国 上川郡」とされ、明治5年(1872)札幌開拓使庁開拓判官 岩村通俊の命により、当時未開地であった上川地方が初めて公式に視察されました。

    明治15年(1882)、岩村(会計検査院長)は北京(ほっきょう)設置を明治政府に建議します。西の京(京都)、東の京(東京)、そして北海道には北の京を設置するという構想です。京は現在の東神楽町など神楽地域を中心とする一帯を想定していました。これは、北海道開発を急速に展開させたいとの彼の願いとともに南樺太に進行する対ロシア警備を急ぐべきとの認識があったものと考えられています。明治18年(1885)、岩村(司法大輔)が永山武四郎屯田兵本部長、後の2代目長官)らを連れて近文山(現旭川市郊外)から上川盆地を視察し、再度上川への北京設置を明治政府に建議します。政府は北海道庁を札幌に置き、黒田内閣で岩村は一旦閑職に追いやられますが、翌明治22年(1889)山県有朋内閣では、北京ではなく離宮 (皇室別邸)の形で要所を置くという「上川離宮計画」が閣議決定されました。これが人々の関心を集めて急速に入植者が増大、上川発展の引き金となり、ここから永山の活躍が始まります。

    明治23年(1890)、調査委員が訪れ上川離宮の予定地が現在の旭川市神楽岡公園や上川神社近くに選定されると、あわせて皇室御料地も設定されました。御料地は10552㏊、 離宮造営予定地は33㏊とされました。しかし、その後の札幌・小樽の財界人や第4代北海道庁長官北垣国道の反対により計画は頓挫します。明治44年(1911)、皇太子の北海道行啓の際に離宮予定地をご訪問されましたが御料地の指定は解かれ、大正13年(1924)、離宮予定地であった場所に上川神社が移設されてことは終了します。

    軍事の面においては、ロシアの侵攻に対抗するとともに本道開拓の推進のために農と兵を兼ねた屯田兵制度の設置が望まれていた当時、永山は開拓使に加わり、同僚の開拓使とともに北海道に屯田兵設置を建白しました。明治8年(1875)に開始され明治37年(1904)に解体されるまでの30年間で37の中隊、7337戸の兵家(家族を含め3万9900人余り)が入植した屯田兵は、本道の開拓・発展の礎を築き上げました。

    明治21年(1888)、総理大臣となった黒田清隆はロシアのコサック兵制度について調査していた永山に屯田兵本部長を兼任させ、2代目北海道長官に抜擢します。その後、上川・空知に屯田兵の重点を移し、それまで士族に限られていた屯田兵資格の枠を撤廃すると、兵村は農・商・工に長けた人々によって開拓の模範として急速に成長を遂げてゆきました。その後、層雲峡温泉に目を向けたのも彼らです。同年、永山は札幌農学校に兵学科を設けて兵士の養成を図るとともに上川離宮護衛のために多くの屯田兵を上川地域に招き入れ、今日の旭川の都市機能を発展させました。また、御用林を道内全域に造営、夕張・空知には炭田、札幌にはロシアとの接触に耐えうる人材の育成のためにロシア語研究所を設置することで、本道開発に要する各種資源の確保を彼は次々と行いました。

    明治37年(1904)5月27日、67歳で永眠すると遺志により遺体は上野から札幌に移され軍服姿で豊平墓地に埋葬、後に里塚霊園に移されたそうです。

    どうぞ大雪山層雲峡へお越しください。人と自然との在り方を振り返りながらゆったりと時が流れる癒やしの旅に、当館もお役に立てることができましたら幸いでございます。

                                                                                                                                                                   Nobu

 

参考資料:「よみがえった『永山邸』」(高安正明、共同文化社、1990)

                    「北海道開拓の先覚者達(27)~永山武四郎~」(財界さっぽろON LINE、2014)

上川総合振興局ホームページ(地域政策課 「大雪ものしり百科『自然編』」

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

宿泊プランを見る: 日本語 English

オンライン宿泊予約ONLINE RESERVATION

ご宿泊人数

旅行代理店の方 契約法人の方
wifi無料サービス始めました。