層雲峡
マウントビュー
ホテル

北海道の屋根とも言われる大雪山。マウントビューホテルは層雲峡温泉街の入口に位置する、癒しと寛ぎを併せ持つ山荘リゾートホテルです。
宿泊プランを見る: 日本語 English

北海道は9日以降オホーツク海の高気圧の張り出しから暫く晴れが続きます。11日、12日は全国的にも晴れ間が見られそうですが、その後は低気圧や寒気、前線の影響で雨となり、本州では早くも梅雨の兆しが見られるとの予報もありました。この頃の季節を彩るのは北海道では水芭蕉(みずばしょう)です。国道沿いの清川地区に水芭蕉群落が続きます。その中心部、清川小学校跡に建つ石碑に次の歌が刻まれています。

IMG_3163無題yanagiharabyakurenDSC02501DSC02499ゆくりなく土中にみたる上代のメノコのすかたおもひかなしも

1945年(昭和20年)長男の戦死から「悲母の会」を設立、湯川秀樹夫人のスミらとともに平和運動を担い、北海道だけでも後志、札幌、月寒、石狩、旭川、十勝、根室、狩勝、北見など全国を講演して回った歌人がいました。彼女が上川を訪れたのは1953年(昭和28年)9月、旭川市内や上川町などでの講演の際、案内人の登山家が石狩川支流のメノコ沢に伝わるアイヌの少女の悲恋物語とともに彼の自作の詩を紹介しました。それを元に上の歌が詠まれたと言われています。(1953(昭和28)年9月16日付け北海道新聞より)当時の上川町観光協会がこの石碑を建立したのはその翌年のことです。

歌人とは柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん=伊藤燁子)のこと。福岡の炭鉱王・伊藤伝右衛門の妻であった彼女は、1921年(大正10年)滞在先の東京で社会運動家で法学士の宮崎龍介と駆け落ちします。白蓮36歳、龍介29歳、「白蓮事件」としてメディアに大きく取り上げられましたが、まだ姦通罪もあった当時はまさに命がけの恋でした。石碑は当館から旭川方面へ向けて車で15分、木立に隠れていますが国道のすぐ脇です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

宿泊プランを見る: 日本語 English

オンライン宿泊予約ONLINE RESERVATION

ご宿泊人数

旅行代理店の方 契約法人の方
竜王スキーパーク12月1日オープン!!ホテル竜王ヴィレッヂ予約受付中!
wifi無料サービス