層雲峡
マウントビュー
ホテル

北海道の屋根とも言われる大雪山。マウントビューホテルは層雲峡温泉街の入口に位置する、癒しと寛ぎを併せ持つ山荘リゾートホテルです。

皆さん、こんにちは

層雲峡の紅葉・・麓まで到着いたしました!!(・・・といっていいのかな???

まだ、完全とはいかないですが、多分今年は、このまま終わるのではないかな・・と思います。

8月に台風が4回上陸したために、日照時間が少なかったのと気温が上がらなかった為に、例年より少しだけ紅葉のスピードが遅いかな・・とも思います。

しかし、9月に入り、天気の良い日が続き、また日中と夜の寒暖差が激しくなった事で、紅葉の色つきが少しだけ濃くなって参りました。

層雲峡温泉街は、今が見頃ですので、是非、この機会に『日本一早い紅葉』をお楽しみください・・。

そして、紅葉狩りを楽しんだ後は、ゆっくりと温かい温泉と美味しいお食事を、ご堪能ください・・!!

 

9月22日現在の紅葉の様子(ホテル前)

9月22日現在の紅葉の様子(ホテル前)

 

 

 

 

 

 

 

 

9月22日の紅葉の様子

 

 

 

 

9月25日現在の紅葉の様子

9月25日現在の紅葉の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

9月25日の紅葉の様子

 

 

 

 

9月26日現在の紅葉の様子

9月26日現在の紅葉の様子

 

 

 

 

 

 

 

9月26日現在の紅葉の様子

 

 

 

 

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『紅葉が終われば、冬の季節になるなぁ・・。今年もまた、タイヤ交換する時期だねぇ・・。』

先日、紅葉が始まりました・・と言ったばかりですが、すでに銀泉台や黒岳山頂付近は紅葉が見頃となっております!!

先月の台風で今年は紅葉は少し遅いのでは・・と予想していたのですが、9月に入り晴れの日が続き、さらに日中と夜の気温差が激しくなり、急激に変化したので、一気に紅葉が進んだものと思われます・・(汗)

しかし、大雪山系の麓である層雲峡温泉はまだ始まったばかりなので、まだ紅葉を楽しめる事ができますよ

その時は、是非『マウントビューホテル』へお越しくださいね

9月22日現在の紅葉の様子(ホテル前)

9月22日現在の紅葉の様子(ホテル前)

 

 

 

 

 

 

 

9月22日現在の紅葉の様子

 

 

 

 

 

 

そして、当ホテルにはご存知『はげわりくん人形』がフロントロビーに大きく飾られていますが・・その「はげわりくん」マグカップ』が出来ました

スーツを着ている「はげわりくん」の色が微妙に違い、風水に習い5色のスーツと着ていますので、是非、おみやげにいかがですか・・??

はげわりくん人形のマグカップ

はげわりくん人形のマグカップ

 

 

 

 

 

 

 

『励ましマグカップ』1個500円

 

 

 

 

テトラグループのゆるキャラ?『はげわり君人形』

テトラグループのゆるキャラ?『はげわり君人形』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『励ましマグカップ』の色の意味

・ピンク:恋愛運・恋愛成就

・赤:愛情運・勝負に勝ちたい

・茶:商売運・仕事を成功させたい

・黄:金運・金運アップ

・青:仕事運・人間関係をよくしたい

 

 

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『そのうち、人形の前で拝む人や賽銭していく人が出るのでは・・・???』

皆さん、今度の連休はどうお過ごしになられるのでしょうか・・・。

先月、北海道は4回の台風が襲来し、地域によっては、大変な被害を受けました。

しかし、皆さんなんとか復興しようと、それぞれの場所で頑張っています・・。

それでも、季節というものは早く、ここ層雲峡では、そろそろ秋のシーズンに入ろうか・・という所です!!

黒岳の山頂付近がようやく、色付き始めたそうですが、今年は例年よりも遅いスピードで始まっています。

それでも、ここ最近の日中と夜の気温差が一段と激しくなってきたので、もしかしたら一気に紅葉が進むかも・・(笑)!!

是非、この機会に、大雪山連峰の『日本一早い紅葉』を見にきてみませんか・・。

その後は、温かい温泉と美味しいお食事をご堪能ください・・。

 

9月15日現在の黒岳

9月15日現在の黒岳

 

 

 

 

 

9月15日現在の黒岳の紅葉の様子

 

 

 

 

 

9月15日現在の黒岳のナナカマド

9月15日現在の黒岳のナナカマド

 

 

 

 

 

9月15日の黒岳にあるナナカマドの様子

 

 

 

 

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『そろそろ、ニュースでは大雪山系の山頂付近が紅葉し始めたらしいけど、麓はまだまだだね・・。』

 

層雲峡の偉人達 1

2016年9月16日

%e5%88%9d%e4%b8%80-%ef%bc%91 %e5%88%9d%e4%b8%80-%ef%bc%92 %e5%95%93%e6%9c%88-%ef%bc%91 %e5%95%93%e6%9c%88-%ef%bc%92

明治44年(1911)、時の逓信大臣(鉄道院総裁兼務)あてに建白書を上申し、貴重な自然資源を開発の手から守るため国がそれを保護すべきであると説いた人物がいました。かつての愛別村長、太田龍太郎です。彼は「国立公園」という名称を日本で初めてここで用い、後藤新平大臣に「霊山碧水」(現在の層雲峡周辺を指す)の保護を力強く訴えかけました。「土地払い下げの運動も猛烈となって、いわゆる政商・富豪の類いが競い合って土地を入手すべく狂奔している。ゆえに国家百年の大計によって、石狩川上流約十里四方の地域を厳重に保護、取り締まり、いかなる個人・団体にも土地の払い下げは絶対断固禁止せらるるべく嘆願する。」(要約)

彼と後藤が幼なじみであったことも功を奏しますが、同年富士山一帯を国の手で保護するための誓願が日光の人々から帝国議会に提出されたという好機を彼が逃さなかったことが一番の理由と考えられます。この功績により、大雪山は昭和9年(1934)に国立公園の指定を受けます。北海道の中央にあたり北見・天塩・十勝に通ずる道路・鉄道が敷設される日が刻々と近づいていた頃、彼は既にその先の道民の心の安らぎを憂い、我利私欲に流されることのない保護地区の建設を急務と捉えて疑わなかったのです。

一方、地域開発の魁けとなったのが、後の層雲峡温泉の開祖で塩谷水次郎の養子、塩谷忠です。大正元年(1912)、養父水次郎が常呂郡オンネ温泉の国沢歴蔵とともに発見した温泉をもとに、陸軍第七師団司令部(旭川)軍医部の転地療養所建設計画に忠が協力し、旭川町議、区議、後に商工会議所会頭となる荒井初一がそれを援助したことから温泉と道路・電気のインフラ整備がこの地で急速に進められました。しかし、大正11年(1922)の豪雨で石狩川が氾濫し「塩谷温泉」も「国沢温泉」も建物・家財もろとも流されてしまうと、翌年、荒井は塩谷温泉の権利を譲り受け、大正13年(1924)、木造平屋50坪の大旅館を造り上げました。早速、彼は館の宣伝を兼ねて旭川の有力者十数名を馬に乗せ、新築の「層雲閣」に招待したと言われています。また、その翌年には「大雪山調査会」を結成し、会長兼スポンサーとして大雪山の科学的調査研究や高山植物の保護指定、山なみの魅力紹介などに奔走しました。

「層雲峡」の名は、詩人で文筆家の大町桂月によって世の中に広められました。大正10年(1921)、塩谷温泉に宿泊した彼は黒岳・白雲岳・旭岳・松山温泉(現在の天人峡温泉)を和服にわらじという出で立ちで踏破し、雑誌「中央公論」にその登坂記を載せました。登山家でもあった彼は後に「富士山に登って山岳の高さを語れ、大雪山に登って山岳の大きさを語れ」という名文句も残しています。

保護と開発、相反するこれらが縦糸と横糸となって織り出す珠玉のタペストリー、それが大雪山であると言えます。太田龍太郎が国家百年の大計として訴えた自然保護思想が脈々と流れ、塩谷、国沢の両氏と荒井初一が私財をなげうってでも人々に伝えようとした奥深き山の魅力や価値が今なお損なわれずに花開いているのです。どうぞ層雲峡へお越しください。人と自然との在り方を振り返りながらゆっくりと時が流れる癒やしの旅に、当館もお役に立てることができましたら幸いでございます。

nobu

参考資料:「大雪山物語」(北海道新聞社、1985)

「大雪山から育まれる文献書誌集 第2集」(東川町、2015)

ウエッブマガジン「カムイミンタラ」(りんゆう観光)

台風一過・・・??

2016年8月26日

北海道は、8月に3度の台風が上陸しました!!

一月に3回も台風が上陸したのは、北海道は初めてであり、また一生に一度あるかないかです。皆、こんな経験は初めてでした。

しかも、石狩川はまだ濁っており、水量もいつもの倍はありますが、これでもだいぶ減りました・・(汗)

一時、層雲峡も孤立状態だったのですが、すぐに復旧して、今は旭川へは行けますが・・石北峠や三国峠は行けなくなっております・・(泣)

しかし、流星・銀河の滝は普通に見学する事ができますので、安心してください。また、水量が多いので、今のうちにダイナミックな夫婦滝を見ることが出来ますよ~

また、滝の所に売店がありますので、観て見るのもいいかもね・・

台風は過ぎましたが、これから層雲峡は残暑を迎え、『日本一早い秋』がやってきますので、是非、当ホテルをご利用ください・・。

そして、層雲峡温泉と美味しいお食事を、お楽しみください・・。

流星の滝

流星の滝

 

 

 

 

 

 

 

本日(8月26日現在)の流星の滝です。下の川は石狩川です。

 

 

 

 

銀河の滝

銀河の滝

 

 

 

 

 

 

 

本日(8月26日現在)の銀河の滝です。滝の水は、なぜか濁っていませんでした。

 

 

 

 

台風時の石狩川(ホテル前)

台風時の石狩川(ホテル前)

 

 

 

 

 

 

3回目の台風が来た時の石狩川を、ホテル前から撮ったものです。普段は、岩とか見えるのに、この時は水量が上がっていて見えていないです。

 

 

 

 

 

本日の石狩川(層雲峡国道沿い)

本日の石狩川(層雲峡国道沿い)

 

 

 

 

 

 本日(8月26日現在)の石狩川の様子です。水量は多いですが、台風時に比べるとだいぶ減りました。しかし、中洲にあった木が根っこから倒れているので、どれほどの水が流れていたのかがわかります。

 

 

 

 

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『台風3回も来るなんて、初めての経験だなぁ・・(汗)でも、滝の売店で果物販売してるんだなぁ・・。珍しいなぁ・・。』

 

只今、北海道は夏真っ盛り!!楽しい夏休みの思い出に、いかがですか・・・。

当ホテルには、少し変わった割引があります。その名も、『はげ割り』です。

この『はげ割り』、テレビでも取り上げられており、全国のテトラグループで行われています。

ホテルにより割引料金は様々ですが、当ホテルでは宿泊料金より『500円引き』とさせていただきますが、あくまで自己申告された方で、当日フロントにて現金精算されるお客様を対象としております。

その為、フロントロビー前にはテトラグループ社長をモデルにしたゆるきゃら『はげわり君人形』が置かれています。※ただし、拝んだり触ったりなでたりしても、何も『効果』はありません。(笑)

そこで、もっとお客様を喜ばせたい・励ましたいとの考えから『はげまし煎餅』ができました

是非、テトラグループのホテルを利用した際には、楽しい旅行のお土産にいかがでしょうか・・??

 

『はげまし煎餅』1箱690円

『はげまし煎餅』1箱690円

テトラグループのゆるキャラ?『はげわり君人形』

テトラグループのゆるキャラ?『はげわり君人形』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、黒岳では夏山登山のお客様で、賑わいをみせています・・。

今年で50周年を迎える黒岳ロープウェイでは、記念企画として『黒岳フォトコンテスト』を開催いたします。

写真は来年1月31日まで募集しており、テーマは『黒岳の大自然やロープウェイ』とし、1人3点まで、昔の写真でも大丈夫なので、是非、この機会に、黒岳の大自然を写真に写してみませんか・・。

 

黒岳スキー場

黒岳スキー場

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の黒岳

秋の黒岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【黒岳ロープウェイ50周年企画 黒岳フォトコンテスト】

・募集期間:平成29年1月31日まで

・作品テーマ:黒岳の大自然やロープウェイ  ※1人3点まで

・賞品:最優秀賞1点・優秀賞3点・特別賞数点・参加者から抽選で25組50名にプレゼントあり。

・応募方法:『フォトコンテスト応募フォーム』より画像を添付   ※黒岳ロープウェイHPを参照してください。

・その他:写真は、お1人様3点までです。・昔の黒岳真でもOKです。・写真は、未発表の作品に限ります。・人物が写っている場合は、肖像権を確認の上、応募願います。・応募作品は、イベントポスターや黒岳のPRなどに広く使用する場合があります。

・お問合せ先:㈱ライナーネットワーク黒岳フォトコンテスト係:TEL:0166-23-2006(平日9~18時)

・交通機関:当ホテルから黒岳ロープウェイまで、車で3分、徒歩8分

 

 

そして、おはるちゃんは思うのです・・。

『黒岳の昔の写真って、あったかな・・。学生時代は、毎年の恒例行事で、黒岳に登っていたなぁ・・。』

柳原DSC02494DSC02723DSC02730DSC02752

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪山連峰は夏山シーズン真っ盛りです。黒岳山頂から白雲岳を臨むと残雪の合間に浮かぶ若草のまだら模様がひときわ大雪山の夏を感じさせます。11日山の日、カラフルな山ガール・山ボーイが詰めかけその賑わいも見事でした。

さて、かつて講演の旅の途中、ある歌人がこの地に寄った際に当館近くのメノコ沢に伝わるアイヌ伝説に心ひかれて詠んだ歌が碑に刻まれています。この、大正の世に「世紀の恋」とうらやまれその後「公開絶縁状」で女性の地位を内外に訴えることとなった柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん、伊藤燁子)です。 大正天皇の従妹で伯爵家という華族出身の燁子(あきこ)は13歳で華族女学校(現・学習院女子中等科)に入学、1900年(明治33年)に14歳で子爵の北小路随光とその女中の間に生まれた嗣子、資武(すけたけ)と初めの結婚をします。5年後に離婚。3年後には23歳で東和英和女学校に編入学し、勉学の傍ら佐佐木信綱の竹柏園歌会に入門します。再婚後も彼女は強い孤独感から別荘に文化人を招くことで現実逃避し第一歌集『踏絵』を自費出版します。その装幀と口絵は竹久夢二が担当しました。また、仏の道に心の行き場を求め、信仰心から日蓮に因んで雅号を柳原白蓮と称して創作を始めます。

第二歌集『幻の華』を上梓した頃、彼女の戯曲『指鬘外道』(しまんげどう)の上演の許可をもらいに別府の別荘へと7才年下の東京帝大生がやって来ます。機関紙「解放」の記者で社会運動家の宮崎龍介でした。辛亥革命を支援した浪曲師、宮崎滔天の息子でした。大正9年のことで、当時彼女が詠んだ歌が次です。 吾は知る強き百千(ももち)の恋ゆゑに百千の敵は嬉しきものと 以後、彼らは700通に及ぶ恋文の文通を経て密会し龍介の子を宿した後の1921年(大正10年)10月20日、燁子午前9時30分の特急列車で福岡に帰る伝衛門を東京駅に見送りに行ったまま日本橋の旅館島屋へは戻らず、龍介とともに失踪します。そして、23日の朝刊社会面に人権問題を前面に押し出した伝右衛門宛て絶縁状を公開します。出奔を正当化するために龍介と共に仕掛けたと言われています。白蓮36歳、龍介29歳のことでした。大正12年、結婚し宮崎家に入ると宮内省は華族除籍を発表し、全財産が没収されます。夫龍介が喀血し結核で収入が途絶えると、平民となった彼女はそれまで経験した事のない経済的困窮に直面し、筆一本で一家の生活を支えることになります。しかし、夫伝衛門は姦通罪を提訴するどころか、以後再婚もせず援助の申し入れまでします。彼女は頑なにこれを拒否し1935(昭和10)年には歌誌『ことたま』 を創刊、主宰します。取り巻きに対して「いっぺんは俺が好いちょった女ばい、貴様ら、絶対に手出しは許さん」「もう、こん事件については一切話すな」と、燁子や宮崎家に手を出すこと一切を伝衛門はきっぱりと禁じます。そして、伊藤家に残っていた宝石・貴金属・家具・生活用品を送るも、燁子はこれらを彼に送り返したと言われています。

1945年(昭和20年)8月、長男香織の戦死から「悲母の会」を設立しその後、平和運動に邁進します。そして、湯川秀樹夫人のスミらとともに運動を担い、北海道だけでも後志、札幌、月寒、石狩、旭川、十勝平野、根室、狩勝、北見など全国各地を講演して回ります。彼女が層雲峡を訪れたのは1953年(昭和28年)9月。当時の上川町観光協会が石碑を建立したのはその1年後のことと言われています。

碑は当館から来るまで10分、層雲峡清川の旧清川小学校跡地(国道沿い)に設置されています。

参考文献:白蓮れんれん(1994 林真理子 集英社文庫)、流転の華人柳原白蓮(2014 NHK出版)

nobu

いよいよ、北海道も本格的な夏のシーズンに入っています・・。

夏といえば、もうすぐ『夏休み』♪

上川町層雲峡の黒岳では、本格的な登山シーズンを迎えており、大勢のお客様で賑わいをみせています・・。

そこで黒岳ロープウェイでは、夏休み期間中に『黒岳夏休みフェスティバル』として、イベントを開催いたします

イベント期間中、「黒岳スタンプラリー」「五合目工作広場」などあり、親子で楽しめる事、間違いなし!!

また、8月13日には『黒岳五合目スターウォッチング』があり、素敵な星空を、黒岳五合目から観察することができます。黒岳五合目からの夜空は、圧巻ですよ~

そして、満天の星空を楽しんだ後は、層雲峡温泉で温泉とお食事でゆっくりお楽しみください・・。

黒岳からの星空

黒岳からの星空

 

 

 

 

 

 

 

 

星空登山

星空登山

 

 

 

 

 

 

 

 

【クロダケ夏休みフェスティバル】

■開催期間:平成28年7月23日(土)~8月14日(日)

■開催場所:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ

■イベント内容:黒岳スタンプラリー・夏休み自由研究・五合目工作広場

■黒岳五合目スターウォッチング:開催日:平成28年8月13日(土)・料金:大人1,950円、小人1,000円(小学生未満無料)・ロープウェイ夜間運行時間:19:00~21:00の30分間隔で運行:送迎・層雲峡温泉の各ホテルからロープウェイまでの無料送迎あり。

■その他:スターウォッチングは、予約不要です。・天候により、中止になる場合がございます。・昼間にロープウェイをご利用いただいた方には、割引料金にて、ご乗車いただけます。詳しくは、下記のお問合せ先に、お尋ねください。

■お問合せ先:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ:TEL:01658-5-3031

■交通機関:当ホテルから車で約3分、徒歩約8分

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『一回は、星空観察で、黒岳登山してみようかなぁ・・。』

 

北海道の、短い夏が始まりました・・。

上川町層雲峡にある黒岳では、6月から夏の登山シーズンに入っていますが、アウトドアや登山好きな方にお勧めのガイドツアーをご紹介します

【おはようロープウェイ  雲海ウォッチングと黒岳さんぽ♪】ツアーです。

このツアーは、朝一番の始発のロープウェイに乗車して、黒岳5合目から雲海を見るネイチャーガイド付きツアーです。雲海は、気象条件により発生しない場合があるので、もし黒岳で雲海を見られたら、ラッキー(笑)かも・・・??

また、ガイド付きなので、初心者の方でも安心なツアーです。

この他にも、癒しの森『紅葉谷』へ行けるツアーコース【紅葉谷トレッキング】があり、約1.2kmの国立公園ならではの大自然を堪能することができるツアーです。もちろん、ガイド付き!!しかし、このツアーはロープウェイには乗車しないので、時間がある方や、大自然を満喫したい方にお勧めです

是非、この機会に、北海道の夏を感じてみませんか・・・。

そして、大雪山の大自然を楽しんだあとは、当ホテル自慢の源泉100%の温泉と美味しいお食事を、ご堪能ください・・・。

 

黒岳からの雲海

黒岳からの雲海

夏の紅葉谷

夏の紅葉谷

 

 

 

 

 

 

 

【おはようロープウェイ  雲海ウォッチングと黒岳さんぽ♪】

・実施期間:平成28年6月1日~10月15日

・所要時間:約1時間

・集合場所:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ山麓駅舎

・集合時間:午前5時50分

・料金:大人2,500円・小学生1,500円(ガイド代・ロープウェイ往復代・傷害保険代込)

【紅葉谷トレッキング】

・実施期間:平成28年6月1日~10月15日

・所要時間:約1時間30分

・所要距離(歩行距離):約1.2km

・集合場所:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ山麓駅舎

・集合時間:午前9時・午後13時

・料金:大人3,500円・小学生2,000円(ガイド代・傷害保険代込)

・服装:動きやすい服装・登山靴(スニーカー可)・帽子・飲み物

■その他:気象条件により、雲海が発生しない場合があります。・ツアー内容により、悪天候の場合、中止になる場合があります。・登山靴などのレンタル道具(有料)もございます。・ツアー料金には、ガイドと傷害保険、内容により、ロープウェイの料金が含まれています。・ご予約は、ツアー前日までにお願いいたします。・キャンセルの場合は、お早めにお申し付けください。キャンセル料がかかる場合がございます。・ツアー内容により、時間がかかるものがございますので、詳しくは下記↓までお問合せください。

■お問合せ先:(株)りんゆう観光  上川営業所(黒岳ロープウェイ内):TEL:01658-9-4525

■交通機関:当ホテルから歩いて8分・車で3分

 

 

そして、おはるちゃんは思う・・。

『今年は、紅葉谷を歩いてみようかなぁ・・。いい運動にもなるし、大自然で癒されたいしねぇ・・・。』

いよいよ6月に入り、1年の半分が過ぎようとし、北海道の季節は、短い夏に入ろうとしています・・。

そこで、テトラグループの一つである『ホテルテトラ本館』にて、6月30日にディナーショーが開催されます。

北海道出身JAZZギターリストの『笹島明夫』さんをお迎えし、ディナーは本館自慢の本格的中華ディナーとなっておりますので、素敵な一夜をお過ごしください・・。

 

【笹島 明夫  ~Jazz  Live  Dinner  Show~】

■開催日:平成28年6月30日(木)

■開催会場:函館ホテルテトラ1F  コミュニティホール

■開場時間:19:00

■開始時間:19:30

■料金:お1人様  5,000円(飲み放題付)

■交通機関:函館空港より車で約20分・循環バスで約20分・JR函館駅より車で約10分・路面電車で約20分五稜郭公園前下車徒歩5分

■お問合せ先:函館ホテルテトラ本館・TEL:0138-55-1818

■その他:ディナーチケットの購入につきましては、上記問合せ先までお願いいたします。・定員になり次第チケットの販売を終了いたします。・宿泊されるお客様につきましては、別途料金がかかる場合がございますので、詳しくは上記問い合わせ先にて、ご確認ください。

 

笹島明夫 ディナーショー

 

 

そして、おはるちゃんは思うのです・・・。

『ディナーショーかぁ・・・なつかしいなぁ・・・。前の職場のとき、よくやったなぁ・・。一般の素人の旅芝居とかしたなぁ・・。』

 

« Newer PostsOlder Posts »
宿泊プランを見る: 日本語 English

オンライン宿泊予約ONLINE RESERVATION

ご宿泊人数

旅行代理店の方 契約法人の方
wifi無料サービス始めました。